Woman

がんの自然免疫治療

Man

NKとは何ですか

NKとはNatural Killer(ナチュラル・キラー)の略称で、免役に関与する細胞の一種です。身体に入ってくる細菌やウイルスの感染を防いだり毎日のように生まれているがん細胞を見つけて処理する細胞を免疫細胞といいます。免疫には細菌やウイルスの感染を受けて得られる獲得免疫と生まれつき持っている自然免疫があります。獲得免疫を担うのはTリンパ球やBリンパ球で、自然免疫を担当する細胞には好中球やマクロファージに加えてNK細胞があります。NK細胞は骨髄細胞・臍帯血細胞や人工多能性幹細胞などから得られます。NK細胞には異物が持っている特異抗原や組織適合性抗原とは無関係に多くの抗原に広く反応し、移植片対宿主病をおこさないという特徴があります。このためNK細胞をがんの治療に用いるNK療法は、理想的な免疫療法といえます。

がん治療への応用

最初のがんNK療法の臨床研究は、化学療法が効かなかった急性骨髄性白血病の患者さんに実施されました。この治療では移植片対宿主病を心配して白血球抗原が部分的に一致する臍帯血由来のNK細胞が移植され、白血病の症状が一時的になくなる寛解状態にすることができました。その後他の研究で白血球抗原を一致させないNK療法でも、移植片対宿主病をおこさず白血病を寛解状態にすることができることがわかりました。今ではNK療法は白血病だけでなく多発性骨髄腫など他の血液腫瘍に対する治療法の一つとしても実施されています。またNK細胞を大量に増やしたり効果を高めるための基礎研究や、外科手術・放射線療法や化学療法では効果がない転移性の肺がんや消化器がんなどの固形がんに対しても有効かどうかの臨床研究が進められています。